君に届け

映画、君に届けの感想
もともと原作マンガも読んでいたこともあり、主演の三浦春馬君が映画の宣伝でTVに出ているのが目に付き、映画館に見に行ってきました。

原作マンガの君に届けは、2010年のこのマンガがすごいのオンナ編で、ちはやふるに次ぐ2位になっているほどの人気。評価の高いマンガは割と目を通すので、私も読んでいました。

この映画版の評価は、他のレビューを読んでいても、原作マンガを読んでいる人と、そうではない人の評価は、結構違いますね。

原作を読んでいる人のレビューは、おおむね辛口ですし、私も正直原作の魅力はあんまり伝わってこないかなーとは思いました。

私が気になったのは、
映画オリジナルのストーリーである終わり方が微妙
そして三浦春馬君は割とイメージが近いのですが、多部未華子さんに抵抗がある
という点です。

スポンサードリンク

少女マンガの基本パターンみたいな展開になってしまっているので、原作のもどかしさというか、行動する前の内面の葛藤とか、そういうものがあんまり伝わってこなかったんですよね・・・

もちろん学園物なので、自分がはるか昔に経験した、行事・イベントのときの異性への意識とか、そういうドキドキ感みたいなものとか、若さゆえのさわやかさとかがまぶしかったりとか、そういうプラス面はこの映画でも普通にありましたけど、やはり"君に届け"じゃないんですよね。

映画の感想とは直接関係ないですけど、桐谷美玲さん、いい役ではなかったですけど、きれいですね(笑)
多部未華子さんがヒロインとして微妙なので、まわりの女性が引き立って見えちゃいましたが、これは個人的な感想なのであしからず。多部さんって、美人でもないですし、演技力があるわけでもないですし、新垣結衣さんみたいな透明感があるわけでもないと思うのですが、人気ある方なんでしょうか?
もちろん好みは人それぞれなのはわかっているんですけどもね。

映画全体としては、やはりガッカリした要素が強かったので、辛口の採点になってしまいます。

純愛系の邦画は、今結構ありますから、プラスアルファ、なにか感動や驚きがないと・・・

15点

映画君に届けあらすじ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0008789
見た目が暗く周りから「貞子」と呼ばれる黒沼爽子(多部未華子)は、クラスになじめないでいた。
しかし、その外見とは裏腹にけなげで純粋な彼女に、誰からも好かれるクラスの中心的存在の風早翔太(三浦春馬)はひそかに好意を抱いていた。
風早の言葉を励みに、爽子は徐々にほかのクラスメートたちと打ち解けるようになっていく。

監督・脚本: 熊澤尚人
原作: 椎名軽穂
キャスト:多部未華子 三浦春馬 蓮佛美沙子 桐谷美玲 夏菜

スポンサードリンク

サイト内関連記事

ゴールデンスランバー
映画ゴールデンスランバーの感想 私の大好きな作家伊坂幸太郎さん原作のサスペンス映......
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!
映画踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!の感想 大人気TVド......
サヨナライツカ
映画サヨナライツカの感想。 「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督と辻仁成さ......
ハナミズキ
映画ハナミズキの感想 旬な役者さん2人(新垣結衣さんと生田斗真さん)が主演の、恋......
大奥
映画、大奥の感想 よしながふみさんのマンガ大奥の映画化作品です。 ストーリーは吉......
ノルウェイの森
映画ノルウェイの森の感想 村上春樹さんの原作小説は昔読んでいましたが、今回映画を......

▲このページのトップへ