エクリプス/トワイライトサーガ

映画、エクリプス/トワイライトサーガの感想
バンパイアと人間の恋愛を描く、トワイライトシリーズの第三弾。
前作で、再び結ばれた主人公である人間のベラ(クリステン・スチュアート)とヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)と、そこにベラの幼馴染ジェイコブ(テイラー・ロートナー)が割って入ってくる三角関係の恋愛と、ヴァンパイア軍団との戦闘がメインです。

三角関係の部分は、とにかく男性から見ると、ベラにイライラしっぱなしです(笑)
最初のほう、エドワードが止めたのに、振り切ってジェイコブのバイクに乗っていくシーン。
あれだけで、切れてますね、私なら。

その後の展開はもう論外です。
あんな女性に執着する必要ありません。
若さ特有の迷いとか、どうとかと言われるかもしれませんが、ああいう女性は変わらない気がします。
相手の気持ちをまったく考えられてませんからね。

戦闘シーンは、なかなかの迫力。
大勢での戦闘シーンは初めてですしね^^

スポンサードリンク

ここからの感想は若干ノネタばれを含みます。

ジェイコブが、戦いで怪我をして横たわりながら、ベラに言ったセリフは、エドワードへの友情チックなセリフですよね、彼のことを心配した。
自分の彼女が他の男とキスをして、多少心も動いて、でも冷静に受け止め対処する、そんなに完璧な男いないよ、と。
ベラは、まったく意に介していませんでしたけどね。

まだ伏線がいろいろ張ってあるので、次回作で解決するんだと思いますが、早く見たいですね。

このシリーズ、あらも多いですし、主役がそんなに魅力的でもないし、突っ込みどころは満載なんですが、たぶん次回作も映画館に見に行ってしまいます(笑)
美味しくないけど、クセになる、そんな味ですかね・・・

35点

エクリプス/トワイライト・サーガ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0009064
人間のベラ(クリステン・スチュワート)とバンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)は、苦難を乗り越え再び結ばれる。だが、エドワードに恋人を殺されたバンパイアのヴィクトリアは、執拗(しつよう)にベラの命を狙っていた。そこでエドワードは恋敵でもあり、宿敵でもあるオオカミ族のジェイコブ(テイラー・ロートナー)と協力することに。

監督: デヴィッド・スレイド
キャスト: クリステン・スチュワート ロバート・パティンソン テイラー・ロートナー ブライス・ダラス・ハワード ビリー・バーク ダコタ・ファニング 他

スポンサードリンク

サイト内関連記事

アバター
映画アバターの感想 ジェームズ・キャメロン監督が3Dを駆使して作り上げたファンタ......
エアベンダー
映画エアベンダーの感想 シックスセンス、サイン、ヴィレッジのM・ナイト・シャマラ......
アリス・イン・ワンダーランド
映画アリス・イン・ワンダーランドの感想 ティム・バートン監督が描く、不思議の国の......
タイタンの戦い
映画タイタンの戦いの感想 ギリシャ神話の世界を描く、アドベンチャーファンタジー作......
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想 映画館で3Dじゃないバージョンのほ......
トロン:レガシー
映画トロン:レガシーの感想 3D映像で描く、近未来SFです。 予告編で見た、光の......

▲このページのトップへ