ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想
映画館で3Dじゃないバージョンのほうで見てきました。
この映画は、第一作目からずっと映画館で見ているのと、原作小説も完読しているため、見る見ないでは迷いません。
そして、映画がどんな展開であれ、原作小説を先に読んでいるので、ストーリーは知っているわけです。

あの小説でワクワクドキドキしながら読んだ世界を、映像で見ることが出来る、その喜びだけの映画です。

ですので、原作に思い入れもない人にとっては、この作品を映画だけパッと見て、どうかということでいえば、微妙だと思います。

特に本作は、ハリー・ポッターと死の秘宝のPART1ということで、1作品としての締めがろくにありません。
2部作にするなら、もう少し1作目の終わりを盛り上げてもいいと思いますし、そういうポイントもあると思うんですけども。

キャストのほうは、いつもどおりのメンバー。
そして年齢を重ね、1作目から比較すれば、だいぶ大人になった3人。

特にハーマイオニーは、大人になりましたね(笑)
もう立派なレディーです。

このシリーズでは、原作とイメージが合っているキャストが多いので、違和感なくハリー・ポッターの世界を楽しめることも特徴の1つです。

ただ私がちょっと違和感を感じるのは、ヴォルデモート。
過去の作品だと意外に登場場面が少ないのでそれほど気になりませんでしたが、この死の秘宝ぐらいになると、それなりに出てきますが、私の原作小説のイメージは、もっと怖いんですよね。
あと1歩恐怖というか、迫力が足りないなーと今回劇場で見ていて感じました。
もちろん、全体の世界観を壊すほどでもないですし、残念だなーと思うほどではありません。

スポンサードリンク

このハリー・ポッターシリーズ全般に言えることですが、スタッフ、監督、脚本ともに、原作の世界観を大事にしようという作り手の想いが、伝わってきます。
ちょっとしたエピソードでも、あれもいれたい、これもいれたい、という思いから、ある意味ダイジェスト版にように、1シーン1シーンの深みみたいなものがないまま展開することも結構あります。

ハリー・ポッターと死の秘宝の小説版を読んでおらず、映画だけ見る人にとっては、今のシーンいるのかな、と疑問に思うことも一度や二度じゃないでしょう。

でもいいいんです、この作品はこれでいいんです。

ロードオブザリングもそうでしたが、このハリーポッターも魅力的な原作小説の映像を意欲と志をもってトライした、ということに敬意を評します。

ファンタジーの名作小説の映画化には、残念な例がいくらでもありますからね・・・
(ドラゴンライダー、ゲド戦記、ブレイブ・ストーリー等々)

そういう意味では、ハリー・ポッターは健闘しています。

映画自体のレビューワーとしては辛口批評なのはわかります。
起承転結どころか、魅力的な展開でハラハラドキドキとかもあまりないですしね。

ただ、製作者側への敬意と、原作への思い入れから、
純粋な映画として 7点 原作敬意および思い入れ含み60点
としておきます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1あらすじ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0006147
(シネマトゥデイより引用)
17歳に成長し、ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生となったハリー(ダニエル・ラドクリフ)。親友のロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)と共に、宿敵ヴォルデモート卿の魂が宿った分霊箱捜しの旅に出るが、すぐには見つからず、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。

監督: デヴィッド・イェーツ
原作: J・K・ローリング
キャスト: ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 他

スポンサードリンク

サイト内関連記事

アバター
映画アバターの感想 ジェームズ・キャメロン監督が3Dを駆使して作り上げたファンタ......
エアベンダー
映画エアベンダーの感想 シックスセンス、サイン、ヴィレッジのM・ナイト・シャマラ......
アリス・イン・ワンダーランド
映画アリス・イン・ワンダーランドの感想 ティム・バートン監督が描く、不思議の国の......
タイタンの戦い
映画タイタンの戦いの感想 ギリシャ神話の世界を描く、アドベンチャーファンタジー作......
エクリプス/トワイライトサーガ
映画、エクリプス/トワイライトサーガの感想 バンパイアと人間の恋愛を描く、トワイ......
トロン:レガシー
映画トロン:レガシーの感想 3D映像で描く、近未来SFです。 予告編で見た、光の......

▲このページのトップへ