ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の感想
3D字幕版で見てきました。正直なところ3Dにこだわりはなかったのですが、ちょうど見たい時間の放映が、3D版だったのでこっちで見ました。

第一作目から、長いこと毎回映画館で見てきているので、最後になるこの作品、いよいよ完結かーとシミジミしながら見ましたが、安定して楽しめる作品の魅力は健在。

原作を読んでいないと、このちょっとしたシーン意味あるのかなとか、相変わらず詰め込みすぎなところはありますが、原作ファンにとっても、読んでいない人にとっても、ある程度満足できる作品ではないでしょうか。

登場キャラクターたちの配役が合っているので、違和感なく見れますしね。

小説が原作で、これだけ世界観をうまく表現している作品もあんまりないと思います。

スポンサードリンク

ここから多少ネタばれ含むのでご注意を

さて、ストーリーですが、メインであるハリーとヴォルデモートの対決ももちろん見所なのですが、個人的に一番ひかれたのは、スネイプ先生ですね。

やはりここは、小説で読むのと、映像で見るのと、違います。

映像では、長年にくらしく、そして冷たくハリーにあたってきたスネイプ先生が、どれだけ大切にハリーを見守ってきたか、そしてハリーの母に対する一途な愛。
しびれますねー^^

最後の、その後・・・のシーンでは、登場人物達の子供達がホグワーツに行く場面なのですが、ここもほのぼのしていて良かったですね^^

こういうコテコテのSFファンタジー、好き嫌いは人によると思いますが、私は好きです。

子供達が小説を読み、映画を見て、夢を見れるような。

そして友情とか、正義感とか、そういうものを大事にして、最後はハッピーエンド。

世の中が暗い時代にこそ、こういう作品って、いいなと思います。

このシリーズ、今まで辛口な回もあり、ほめた回もあり、長所、短所、両方あると思いますが、シリーズ通して楽しませてくれたと思います。

60点

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2あらすじ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0007709
(シネマトゥデイより引用)
ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと共に旅に出る。
それは長年の宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)抹殺の手掛かりとなる分霊箱を求めての旅だった。
だが、魔法省やホグワーツ魔法学校が次々と死喰い人の傘下に入る中、もはや誰の身も安全ではなく・・・・。

監督: デヴィッド・イェーツ
原作: J・K・ローリング
キャスト: ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント エマ・ワトソン

スポンサードリンク

サイト内関連記事

アバター
映画アバターの感想 ジェームズ・キャメロン監督が3Dを駆使して作り上げたファンタ......
エアベンダー
映画エアベンダーの感想 シックスセンス、サイン、ヴィレッジのM・ナイト・シャマラ......
アリス・イン・ワンダーランド
映画アリス・イン・ワンダーランドの感想 ティム・バートン監督が描く、不思議の国の......
タイタンの戦い
映画タイタンの戦いの感想 ギリシャ神話の世界を描く、アドベンチャーファンタジー作......
エクリプス/トワイライトサーガ
映画、エクリプス/トワイライトサーガの感想 バンパイアと人間の恋愛を描く、トワイ......
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想 映画館で3Dじゃないバージョンのほ......
トロン:レガシー
映画トロン:レガシーの感想 3D映像で描く、近未来SFです。 予告編で見た、光の......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

映画レビュー21:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://review21.com/movie/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。