モールス

映画モールスの感想
スウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク版です。
こういう映画は、主演の少女の魅力につきますよね。
ミステリーさがただよいながらも、透明感のある純粋な魅力と、女性としての色気が共存する難しい役割ですから。

しかしこのクロエ・モレッツさん、14歳だそうですが、この映画ははまり役として輝いています。

ストーリー自体はリメイクなこともあり、ある程度あらすじがわかっている状態で見ていても、ひきこまれ、最後まで飽きずに見ることができたのも、彼女の魅力が大きいと思います。

残酷で凄惨なシーンと、少年少女の純粋な恋。

ひかれあうところは、もう少し丁寧にストーリーがあってもいいかなとは思いましたが、全体として見終わってみれば、それほど無駄な場面、シーンがないので、やはりこれで良かったのかなと思います。

スポンサードリンク

ここからの感想は多少ネタばれといいますか、終わり方を含みますのでご注意を。

この映画で普通の恋愛をしようとしていた少年は、追い詰められ、特殊な環境におかれたときに覚悟ができるかどうかが問われたわけです。
どれぐらい彼女への想いが強いのか。

この少年は、最後、彼女の正体がわかったあと、旅立つ場面で一回見送ります。

見送った時点ではついていく、すなわち一生自分の家族を捨て、彼女のエサを探す旅を続ける覚悟みたいなものはないわけですよね。
普通の男の子ですから。

しかし、命の危機に陥るほどのイジメの場面で命を彼女に助けられ、ついにその覚悟をするわけです。

確かに一度ひろった命ならというのはわからないではないですしね。

ホラーでもあり、サスペンスでもあり、恋愛映画でもあるこの作品。

見終わった後、いやな気持ちはしないですが、好き嫌いの分かれる映画だと思います。

70点

モールスあらすじ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0010194
(シネマトゥデイより)
学校でのいじめに悩む孤独な12歳の少年オーウェン(コディ・スミット=マクフィー)。
ある日、隣に引っ越してきた少女アビー(クロエ・モレッツ)と知り合ったオーウェンは、自分と同じように孤独を抱えるアビーのミステリアスな魅力に惹(ひ)かれ始める。
やがて町では残酷な連続猟奇殺人が起こり・・・。


監督・脚本: マット・リーヴス
原作: ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
キャスト: クロエ・モレッツ 、コディ・スミット=マクフィー 他

スポンサードリンク

サイト内関連記事

アバター
映画アバターの感想 ジェームズ・キャメロン監督が3Dを駆使して作り上げたファンタ......
エアベンダー
映画エアベンダーの感想 シックスセンス、サイン、ヴィレッジのM・ナイト・シャマラ......
アリス・イン・ワンダーランド
映画アリス・イン・ワンダーランドの感想 ティム・バートン監督が描く、不思議の国の......
タイタンの戦い
映画タイタンの戦いの感想 ギリシャ神話の世界を描く、アドベンチャーファンタジー作......
エクリプス/トワイライトサーガ
映画、エクリプス/トワイライトサーガの感想 バンパイアと人間の恋愛を描く、トワイ......
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1の感想 映画館で3Dじゃないバージョンのほ......
トロン:レガシー
映画トロン:レガシーの感想 3D映像で描く、近未来SFです。 予告編で見た、光の......
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の感想 3D字幕版で見てきました。正直なと......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

映画レビュー21:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://review21.com/movie/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。