ニューイヤーズ・イブ

映画、ニューイヤーズ・イブの感想
大晦日のニューヨークを舞台とし、豪華キャストが多数登場し、人間模様が交錯する年末ならではの映画です。
やはりこの映画、なんといってもキャストですね、
ジョン・ボン・ジョヴィまででています。
出番が多いのは、サラ・ジェシカ・パーカーとヒラリー・スワンクですが、
ロバート・デ・ニーロ
アシュトン・カッチャー
セス・マイヤーズ
ミシェル・ファイファー
ハル・ベリー
アリッサ・ミラノ
と、新旧のスターが出ています。
これだけそろうと壮観です。
看護婦さんの役とか、それほど出番のない役なのに、ハル・ベリーですもんね。

他の映画なら主役級がそろうこの映画の中でも、目立つ役割のサラ・ジェシカ・パーカー。
この人、何でこんなに出れるのか不思議ですが、某大ヒットドラマの知名度でしょうが、美人役で出るのはさすがに無理があると思うのですが、欧米の人は彼女が美人に見えるのでしょうか。
やはり国が違うと美的感覚も違うんですかね・・・・

ただこういうグローバルに配給する映画では、どうかと思いますが、こういう映画の支持層は女性が多いからいいんでしょうか。

今回見に行った映画館でも観客の9割は女性、残り1割が女性に連れられた男性でした。

確かに、クリスマス・年末などの時期に見る映画として、いい映画でしたけども。

スポンサードリンク

(ここからの感想は多少ネタバレを含みますのでご注意を)

いろいろな登場人物が出てきていましたが、ザック・エフロンが演じていた自転車メッセンジャーもいいアクセントになっていましたね。
アシュトン・カッチャー の若いカップルも良かったです。

全体的に、落ち着いた大人のドラマになりそうなところを若い2人が、この映画に若い空気も加えた感じがしました。

この2組がなければ、ちょっと落ち着きすぎというか、もたっとした感じがでたかもしれません。

あとは、ボールドロップの故障を修理する職人さんも光ってました。

脇役扱いのポジションの人たちの雰囲気が良いので、見終わった後も、いい映画だったなという印象が残りました。

サイトのレビューで結構辛口の点数が多かったので、覚悟してみたのですが、思いのほか良かったと思います。

最後のナレーションで地震や洪水について触れられているのは、日本・タイのことですかね。

ヒラリー・スワンクのスピーチがこの映画のメッセージなんだと思いますが、見て損はない映画、特に家族と見て欲しい映画です^^

70点

ニューイヤーズ・イブ

http://www.cinematoday.jp/movie/T0010649
(シネマトゥデイより)
間近に死が迫った病人と、そんな彼を見守る看護師。
去年の大みそかに遭遇した女性と交わした約束を忘れることができない男性。
以前付き合っていた相手と偶然に再会した男女。
さまざまな事情を抱える8組の人々が、大みそかのニューヨークで愛や勇気と向き合うことに......。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

インビクタス/負けざる者たち
映画インビクタス/負けざる者たちの感想 実際に南アフリカで起こった出来事を基にし......
しあわせの隠れ場所
映画しあわせの隠れ場所の感想 サンドラ・ブロック主演の感動のヒューマンドラマ。 ......
マイレージ、マイライフ
映画マイレージ、マイライフの感想 ジョージ・クルーニー主演のヒューマンドラマです......
食べて、祈って、恋をして
映画食べて、祈って、恋をしての感想 エリザベス・ギルバートさんの自伝的小説を映画......
シングルマン
新宿のバルト9で、シングルマンを見てきました。 平日の夜ですが、客席は結構空いて......
ソーシャル・ネットワーク
映画、ソーシャル・ネットワークを見てきました。 米国の最大のSNSであるFace......
ウォール・ストリート
映画ウォール・ストリートを見てきました。 23年前の映画「ウォール街」は見たこと......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

映画レビュー21:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://review21.com/movie/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。